google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

27歳で初体験!!!

 

これはもう書くしかないと思いました。

書くしかない。

 

記録を残すために。。。

 

今日は転職した会社の給料日。

また前提として私は3月31日にて「辞める」旨を伝えている上でのお話です。

 

前述したとおり、今日は給料の振り込みでした。

給料というのはいつ頃振り込まれるのか。

 

私は今まで当日の午前八時には振り込まれていました。

そして今日。

 

「私が催促するまで振り込みがされなかった」のです。

さらに振込手数料は私の給与から引かれているという始末。

 

給与から振込手数料が引かれるなんて聞いたことがありません。

 

さらに次の要求。

 

「領収書を発行して」

 

は?

 

理由を尋ねてみると、「外注扱いだから」

 

は?

 

最初から言えよ!

 

って話ですよね。

領収書に貼る収入印紙代は誰が払うの?

外注扱いって何の為の雇用契約書?

 

うちの社長はおかしい。

事前にそういうことは言って貰わないとこっちが混乱しますよね。

 

そして上記の内容を詰めたら、帰ってきた言葉は、

「新規案件は?」

 

お前はアホか!ってマジで言いそうになりました

いや~、

元から話がコロコロ変わる社長ですがここまでとはね。

 

因みに給与に関しても最初の話だと、こんな感じ

 

・150万円で案件を受注

     ↓

・会社に30万円残す

     ↓

・120万円残る

     ↓

・100万円で下請けに発注

     ↓

・差額の20万円は自分の歩合

 

今では差額の20万円の数パーセントが歩合だなんて言われています。

 

今は契約を取れていないから、

その場では何も言いませんでした。

 

さらに交通費の件も、月5万円を渡すという話ですが、

後になってから高いから3万円にしてくれ、

挙句の果てには電車通勤にしてくれないかまで行ってきました。

 

最初の話とは全然違うところまで来ているのです。

 

そして退職を進言すると、事務作業のリモートワークでいいから、残ってくれないかとの話。

 

これもカラクリがあって新入社員を半年雇うと、

行政から助成金が下りるのです

 

給料は10万円。

そして「新規案件は?」

 

マジでバカじゃないの?

 

10万円で新規案件なんて取ってくるわけないでしょ。

しかも歩合も無いのにやる訳ないですよね。

ボランティアじゃないんだから。

 

この記事拡散してほしいです。

他にも同じような形で悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

 

私はこれからこの会社を辞める為に、

明日の面談で戦ってきます。

 

ではでは。

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村