google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

今日からリモートワーク。。。

 

私は今日からリモートワークになりました。

 

とはいってもやることが殆ど無いですから、

事実上、休みです。

 

社長に最初はやめることを申し出たのですが、

何故かああだこうだと辞めさせてもらえず、

月給10万円で契約社員みたいな形になりました。

 

私としては資格を取得したのちに、

不動産業界に復帰する腹積もりでしたので、

何とも言えません。

 

歩合もコロコロと変わるので、

社長の言うことはお金に関してあまり信用していません。

 

私は今回、本気で資格を取得しに行くので、

本当に資格を取れば適正価格を交渉します。

 

不動産取引で歩合の80%なんて持ってかれたら、

たまったものではありませんからね。

 

逆だったらいいですが。(笑)

 

とにもかくにも解体屋の社長には共通項があります。

 

それはみな社員の給料に関しては「ケチ」だということ。

職人を一日8000円とかで使っているのですから、

自然と社長が儲かる仕組みです。

 

また150万円で受注→下請けに100万円でやらせて、

自分は動かずに50万円の利益が上がるわけですから、

金にはがめつくなりますよね。

 

うちの社長に関しては、

3か月の不動産経験があるそうですが、3か月で仲介したくらいじゃ、経験なんて呼べませんよ。

 

私はやっぱり不動産の花形は「用地仕入れ」だと思います。

 

仲介をやって思ったのは、「会社の看板」があれば、

客の方からやってくるということです。

後はお客様にとって都合の良い情報を話をすれば、

大抵のお客様はこちら側になびきます。

(ダメ営業マンの典型的なパターンですがね。)

 

私は違うやり方でお客様との信頼を築いてきた方ですが。。。

 

用地仕入れは情報をかき集め、利益にならないところを、

付加価値をつけて利益化するわけですから、

お客様とのコミュニケーション、利益化に対する提案、思考能力、不動産や条例、法律関係、建築の知識まで求められます。

 

総合力で勝負するのが用地仕入れです。

仕入れで食ってる営業マンたちはごまんといますが、

その辺の営業マンよりできる人間の集まりだと私は思います。

 

私の目標はそこです。

自分に営業力が無いからこそ、資格固めをしたいと考えました。

 

絶対にやってやる。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村