google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

いざ鎌倉。

f:id:d261104:20211120214858j:plain



今日はメンタルクリニックの日だったので、

鎌倉の診療所へ行ってきました。

 

いつもと違うのは、

今日は祖母も同伴だったこと。

 

祖母はガンになった為に、

3月半ばには長期入院が待っています。

その為、私としても何か思い出作りをしてほしくて、

声を掛けて連れて行きました。

 

私の診察が終わった後は、

鎌倉でも有名な「小町通り」へ。

 

祖母は私と同様に、大河ドラマが好きななので、

鎌倉に行けることをとても楽しみにしていました。

「鎌倉殿の13人」その舞台となった鎌倉です。

 

鎌倉では祖母の希望で昼食にうどんを食べました。

祖母は「カレーうどん」、私は「とり天うどん」を食しました。

座席数が少ない、こじんまりとしたお店ですが、

うどんのコシ、弾力ともに最高でした。

 

私たちが入った時はお客が少なかったのですが、

私たちが「美味しかったね」と言いながら出てきたところ、直ぐに「美味しいらしいよ。」といって数組のお客が入っていきました。

繁盛するといいですね。

 

その後、「まめや」という豆菓子専門店で、祖母はあれやこれやと、祖父のお土産を買いあさっていました。

長年連れ添っただけあって祖母はやはり祖父のことが、

気にかかるようです。

 

そして豆を買った後は、私の希望で「お香」のお店へ。

元来、愛煙家である私は、我が家が「タバコ臭い」と、

非難されることが多く、その匂い消しの為にお香を欲したのでした。

 

でもさすが鎌倉。

人が多いこと、多いこと。

まるで「竹下通り」です。

 

目的地に着くまで、祖母の歩みも遅かったせいか、

結構な時間を要しました。

 

目的のヒノキの香りがするお香を手に入れると、

祖母はこう言いました。

「甘いものが食べたい」=アイスが食べたい。

 

春の訪れが近づいているとは言え、

まだ肌寒く、体が冷えることを懸念した私は、

祖母に別の提案をしました。

 

「チュロスを食べよう」

 

私は最近、鎌倉にできたチュロスに

ぞっこんなのです。

 

祖母も気に入ったみたいで、

結局3本買ってしまいました。

 

そんな祖母は今、犬を追いかけまわして遊んでいます。

いつまでもこうして元気でいてほしいものです。

 

ではでは。

 

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村