google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

転職して学べたこと。

f:id:d261104:20211120214858j:plain

今日で無職になって4日目の朝です。

 

結論から言うと、

眠れなくなりました。

 

体調は良いのですが、

1か月の間、6:30出勤をしていたからか、

五時半とかもっと早い時間に目が覚めるようになりました。

 

でも体調や精神面では安定しているので、

恐らくは寛解しているのではないか思います。

 

あんなにケンカしたクソ社長ですが、

今では普通に電話できるくらいになるまで回復しました。

 

社長自体はかなり良い人なのですが、

単純にキャパオーバーしているんだろうなと思います。

 

でも今回の就職で学んだことは、

「職人は日本人が良い」ということです。

 

日本人の特質として、相手に簡単に、

「大丈夫、大丈夫」なんて言われると、

逆に不安になってしまうことありませんか?

 

相手を納得させるためには、

具体的に何が大丈夫なのかを説明すると、

言葉の説得力が増して相手も安心するものだと思います。

 

基本的なことでしたが、

今回のこの転職でそれが知れて良かったと思っています。

 

またクレームの処理は相手の要求を丸のみすることが、

簡単な解決方法ではありますが、

時にそれは相手の筋違いな要求を呑むことにも、

繋がりかねません。

 

そうした場合は、

「相手の言い分を遮らずに最後まで聞くこと」

相手は言いたいことが言えてそこでスッキリするので、

その後のこちら側からの要求が通りやすくなります。

 

クレーム処理の極意は、「我慢」することだと思います。

 

そうしたことが改めて分かったことが、

今回の転職の収穫だと思います。

 

次は前職の元請け様からのスカウトなので、

新たに学べることがあるかと思います。

 

転職先の社長はこう言ってくれました。

「君は磨けば光る原石だ」

 

色んな人間を見てきた社長だから言えるお言葉だと思います。その言葉を裏切らないように精進したいと思います。

 

ではでは

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村