google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

祖母の付き添い 〜私の考え〜

 

今日は祖母の付き添いで、

病院に行きました。

 

ガンの疑惑があるし、

テンションが下がったままだと

余計に具合が悪くなるので、

私が同行させて頂きました。

 

案の定、最初はかなりテンションが下がっていました。

ですが私と話して待ち時間を待つ間に徐々に笑顔が見え始め、医師との受け答えをしっかりとしていました。

 

ここだけの話、

祖母の十二指腸ガンはほぼ間違いないでしょう。

 

今日の祖母は「造影剤を入れたCT」の撮影でした。

血管から造影剤を入れるので恐らく、

「どこに転移しているか」見るためのものではないではないか、と私は考えました。

 

ネットで調べた感じだと、

手術による根治術しかないようです。

その後、抗がん剤による投薬治療。

 

いずれにせよ、術後から退院までは数週間は、

掛かるようです。

 

さらにその後の生存率も、

極めて低い。

 

マイナスな方向に考えてしまうとキリがないですが、

それでもやはり心配は心配です。

 

私はまだ祖母に何も恩返しできていません。

私にとって祖母は常にプラスな存在です。

 

このブログを読んだ彼女は引くかもしれないなぁ。。

 

でも世話焼きばあさんとして、

近所では有名なばあさんなので叔父も含め、

このことを知ったら心配する方も多くいるのが事実です。

 

まずは明日の診断結果を見てからの判断になりますが、

せめて手遅れでないことを祈ります。

 

神様、親父。

祖母をまだ連れて行かないでください。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村