google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

祖母と私。

f:id:d261104:20211026135843j:plain



 

私は生粋のおばあちゃん子です。

 

そんな祖母と今日は病院へ行ってきました。

祖母は以前からつわりの様なムカつきがあり、

食欲も全くないと言ったような状況でした。

 

そんな今日は祖母が胃カメラを飲む日です。

検査結果は「十二指腸ガン」の疑いあり。

 

診断結果にはそのような書き方はありませんが、

つまりそういうことです。

 

やはり祖母は落ち込んでいたかと思います。

祖母は検査結果を聞いた後、

付き添いに来た、私と彼女に笑顔でこう言いました。

 

おじいちゃんより先に逝くことになりそう、

おじいちゃんより後に逝きたかったのになぁ。」

 

笑いながら言っていましたが、

とても悲しみを含んだいい方でした。

 

確実な結果は、後日CTスキャンを撮った後に、

診断されますが、祖母は半ば諦めかけているようでした。

 

私たちが今できることは、

祖母に寄り添うことだと思いますし、

それしかできないことも分かっています。

 

ですが昨年、父が亡くなり、今年若しく来年には

祖母となると少し運が悪いような気もしますよね。(笑)

 

でもこれは誰しも通る道ですので、乗り越えていくしかありませんし、今回は私一人だけではなく彼女もいるので

大丈夫です!

 

祖母と私は二人して喋ることが多いので、

しょっちゅう二人で話しています。

 

祖母はいつも私にこう言います。

「あなたはいつも私が料理していると、良い音だねぇ、

良い音だねぇって言っていたのよ。あなたがお腹が空くとね、明太子ご飯が食べたいなぁって、ちょこんと立って私を見上げていて可愛かったなぁ。」

 

決まってこうして言います。

祖母にとって私は何歳になっても子供であり孫なのです。

 

私と彼女はまだ結婚していませんので、

ひ孫はいません。

 

でも万が一、祖母が病気であれば、

私も祖母の望みを叶えてあげたい。

そう思ってしまいます。

 

しかし今日の祖母は気丈に振舞っていました。

診察のあとはお茶をしに病院の近くの喫茶店へ。

 

今では逗子にある「なぎさ珈琲店」が私と祖母の

思い出のお店です。

今日は彼女もいっしょに行きましたので、

三人の思い出のお店です。

 

そこでは彼女と祖母は、

「アールグレイレモンティー」、

私は「アイスコーヒー」を頼みました。

 

小腹も空いていたので、

チキンバスケットとシーザーサラダを頼みました。

 

安心なことに祖母は三分の一位を完食してくれました。

まぁ胃カメラで前日の9時から10時間以上も何も食べていませんからね。

 

その後はマーロウへ行き、プリンを買って貰いました。

4つ分も購入して、ビーカーの容器も可愛いので何かお菓子や、料理を作る際にも活用できそうなので楽しみです。

 

さらにさらに祖母は「和風ハンバーグ」が食べたいと言っていたので、ステーキガストへ行ってきました。

 

祖母はサラダバー2杯に和風ハンバーグ、

デザートにプリンと杏仁豆腐山盛りを食べていたので、

今のところは一安心です。

 

父が亡くなった時もステーキガストだったなぁ。

そこからみんな元気になったので今回も、

これを機に元気になってくれると良いですけどね。

 

ブログに書くと、

こうしたことも吐き出せるので良いですね!

 

ではでは。

 

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村