google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

医療系の漫画 ~大好きなやつ~

 

私は医療系の漫画が大好きです。

私が読んでいる医療系の漫画とはいっても、

数種類ですが、今日はその中でも一番好きな

漫画を紹介してみようかと思います。

 

私が一番好きな医療漫画№1、それは、、、

「Dr.コトー診療所」。

私が小学生から読んでいる漫画です。

 

①あらすじ

舞台は九州の離島、「古志木島」。

医師のいない看護師一人のこの島に、

東京の大学病院から一人の医師が派遣されます。

この人物こそが後にDr.コトー」と呼ばれる離島の医師、

「五島健助」です。

最初は島外から来た人間として、

島民から無視されたり、からかわれたりして、

信用を得られずに四苦八苦しますが、

持ち前の性格や人柄、人を救うという思いー。

などで「コトー先生」と慕われるまでの物語です。

 

②みどころ

医療的な知識もとても分かりやすく記載されており、

ドラマ化されたことだけあって、物語も離島ならではの

情緒豊かな描写で書かれております。

また今の医師不足の現状や、離島の医師不足。

そして離島ならではの治療の課題など事細かに書かれております。

ドラマでは吉岡秀隆さん、柴咲コウさん、今を時めく堺雅人さんなどが、

出演しております。

 

③裏話

この漫画での「古志木島」にはモデルがあります。

それは「甑島」(呼び方はこしき島)で、

この島で診療所を営んでいる医師がモデルとなっております。

漫画内でも地元で有名な「岩」や、座礁した船など、

随所にこのモデルとなった島の名所があります。

漫画内にある石碑が登場するのですが、この石碑もあるそうです。

 

「往診の 道すがらみし しんきろう」

 

私が今でも忘れられない一句です。

私は医師でもなんでもありませんが、

強く心に残っている句です。

この離島の医師が残した一句だそうです。

医師が自転車を漕いでみた蜃気楼にどんな、

思いがあったのでしょうか。

いろいろ考えられさせますね。

 

因みにドラマ版では与那国島が撮影地になったそうです。

いまでもあの診療所は残っているのでしょうか。。。

 

以上になります。

作者の先生が今、闘病中だそうで、

まだ新しい単行本が出ていませんが、

読める日を楽しみにしております。

 

皆さんもいろいろ考えさせられる漫画だと思うので、

興味が持たれたら読んでみてください!

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村