google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

突然の来襲。。。

 

「ドンドンドン!」

 

突然のドアを叩く音で目を覚ます。

近隣住民のクレームかと思った私は、

対処を彼女に任せることにした。

 

玄関に降りると、

「ドンドン叩かれているよ」

彼女が言った。

 

「ドアを開けてみて」

と、私が言うと、

 

「○○さんいますか?」と男の声。

私の名前を呼んでいるようだ。

 

「友達?が来ているよ?」

 

友達でした。

完全なる友達。

 

 

最初はサスペンス小説風に始めてみました。

たまには趣向を変えてみようかと思ったんです。

お許しください。

 

今日は彼女の歯医者を待つ間に、

地元の商店街でお買物。

 

買ったのは、

①チキンカツ

②たれカツ

③パイの実

④たけのこの里

⑤コアラのマーチ

 

お菓子は大きいサイズを買ったので、

中々の量になってしまいました。

 

彼女が歯医者から戻ると、

「お昼は30分間食べられない」とのことでしたので、

お弁当を買うことに。

 

中華弁当を頼みました。

私は「きくらげと卵の中華炒め弁当」

彼女は「唐揚げ弁当」→中華関係ねぇ!

 

お昼は美味しくお弁当を頂きました。

食べた後はとんでもなく眠くなったので、

お昼寝タイムになりました。

 

そして冒頭に戻ります。

 

友人の来襲です。

ドアを叩く音は二階で寝ていた私にも

聞こえました。

 

でもこうやって友人が遊びに来ると、

小学生の頃に「遊ぼー!」と、

迎えに来てくれたことを思い出します。

 

誰しも経験したことあるかと

思いますが、20歳を過ぎて社会人になると、

その機会は大きく減っていきますよね。

 

それがアラサーになった今も、

続けてくれるのは本当にありがたいことです。

 

友人は家に来ていつも通りに、

猫たちと戯れていました。

 

2時間くらい。。。

私は寝起きだったのでロキソニンと、

その他薬を服用して頭を冴えさせようとしてました。(笑)

 

その後は友人たちと、温泉へ。

塩サウナ半端ないっす!!

 

塩を体に塗って汗で溶けるまで、

体をあっためるのですが、

 

終わった後は体がもうポカポカなうえに、

お肌もかなりツルツルになりました。

 

お肌もツルツルだし、

元気になったところで友人たちとゲーム大会です。

まだまだ私も若いですよ!

 

そんな今日のワンにゃんショットです。

f:id:d261104:20211113234537j:plain

f:id:d261104:20211113234545j:plain

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村