google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

適応障害あるある?

 

適応障害と診断されて、

早1年が経ちました。

 

あの頃から病状はかなり改善されましたが、

鬱傾向がかなり強いとお医者様から言われています。

 

私はそんなつもりは無いですが、

当初はかなり無気力な状態でした。

 

同じ症状の方もいらっしゃるかもしれませんので、

今日は今思い出せる限りの、

「適応障害あるある」を書いていこうと思います。

超絶簡単に三つに分けて書きます。

 

 

その① やる気が出ない

やる気が出ないというのも、

あれやりたくない、これやりたくないではないのです。

完全なる「無」。そう何もないのです。

例えば夜布団に入るとします。

そうするとずっと布団の中です。携帯も弄りません。

ご飯も食べません。風呂も入りません。

私は最長で三日間この状態で過ごしました。

お陰で体重は1か月で-5キロ。

「適応障害ダイエット」の完成です(笑)

 

その② 何も笑えない

テレビを見ても漫画を見てもゲームをしても、

何も面白くないのです。

私は映画とゲームが大好きなのですが、それすらやらなくなりました。

テレビや映画を見て心から笑えるのに半年くらい、掛かりました。

今では余裕で笑えるようになっていますが、

お金関係が原因で適応障害となった私は、

未だにお金にまつわる番組は見られません。(笑)

 

その③ 太る

ある程度、症状が寛解に近づくと、

今まで食べなかった反動なのか、常にお腹が空きます。

あれ食べたい、これ食べたいなどは無いのですが、

あらゆるものを食べまくり、体重が半年で10キロ増です。。。

適応障害初期はあんなに痩せたのに。。。

周りからも太ったと言われますが私は、

今でも幸せなのでなんとも言えません。(笑)

Twitter界隈を見てみると、精神安定剤を飲んでから、

太りだしたという声も多数見受けられました。

これが原因かも。。。

 

以上が私の感じたあるあるです。

適応障害・うつ病などの精神疾患が甘えだと思っている方々、

確かにその通りかもしれません。

私には皆様のようなバイタリティもありませんし、

日々の移ろいを楽しむだけの存在です。

 

ですが身内がもしそうなったら?

愛する家族がもし精神疾患にかかったら?

 

恐らくバイタリティある方々は、

その原因を突き止めようとするでしょう。

 

それが「人」が原因だったら、

貴方は腹を立てることでしょう。

 

そうした愛する方々に、

「お前が精神疾患に罹ったのは甘えているからだ」

「社会を舐めているからだ」

なんてことが言えるでしょうか。

 

幸運なことに私の周りにそうした人間は少ないですが、

今から記載することも適応障害あるあるです。

 

「人前では元気なフリをする」

 

貴方の軽はずみな一言が、

「適応障害予備軍」を苦しませているのかもしれません。

 

苦しそうな人が居たら、

「調子どう?」

これから始めてあげるのが良いかもしれません。

ああしろ、こうしろという余計なアドバイスはいらないです。

話を聞いてあげてください。

 

ただそれだけで救われる人もいるかもしれません。。。

 

f:id:d261104:20211005220523j:plain

 

 

 

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村