google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

営業マン時代の話 ~新卒1年目(研修期間)~

 

私は就活ではかなりの数を落とされた人間でした。

 

面接までたどり着ければなんとかなりますが、

学歴フィルターや学力試験などで大分落とされました。

 

多分100社くらい落ちたんじゃないかな。

 

一部上場企業しか狙ってなかったというのと、

不動産業界の中でもトップシェアを誇るような、

会社や設備会社、商社などを重点的に受けていました。

 

面接は当時からかなり得意な方でしたので、

大学のキャリアアドバイザーと面接練習をしても、

 

「教えられることは殆どないわw」

 

みたいな感じで終わっていました。

 

父が不動産仲介業だったので、

就活の途中から建売の方へシフトしました。

 

その中で受けた会社が新卒1年目で入る、

「ブラック企業」だったのです。

 

一部上場企業でしたが、

ベンチャー気質の高い会社で社員のモチベーションも、

非常に高く、会社のPR動画をみて鳥肌が立ったのが決め手でした。

 

いざ入るとマナー研修やプレゼン研修。

ごく当たり前の3か月間でした。

 

大声で社訓を言う&暗記させられる以外は、、、

 

ちょっとここで変な会社だなと思うべきだったんですね。

 

でも当時の私は早く配属されて契約をあげたいと、

意気揚々としていました。

 

配属待機中の間は、宅建の勉強しながら、

飛び込み営業をやりました。

 

元来、人見知りしにくい体質の私は、

新人の営業マンの中でも多くの情報をかき集めていました。

 

でも飛び込み営業で貰える物件情報なんて、

正直1,000件に1件の割合で契約見込みがあるかどうか。

 

私はそれでもめげずに、希望の配属先の情報を多く、

駆けずり回って集めていました。

 

1日30~50社くらいですね。

 

この時まではやる気に満ち溢れていました。

この時までは。。。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村