google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

<今日は何の日?>

 

お、おはようございます。

ちょいとばかし昼寝をしようと思ったら、

なんとこの時間になってしまいました。。。

 

皆さんが働いている中、申し訳ございません。

 

特に彼女、お前の彼氏は昼寝して昼に起きたぞ。

すまんな。

 

今日は何の日ですが、

私はこの日を調べて思うことがありました。

 

私の父は幼いころからよく遊んでくれたなぁと。

父も不動産業に従事しており、

売り上げはいつもトップクラス。

 

某フランチャイズのセールスラリーでは、

10,000人中11位等かなりこの好成績。

しかも年収は1000万円~1500万円キープ。

超優秀でした。

 

まぁ家族時間を省みずに、

汗水流して働いてくれたのですが、

昔は「うちには父はいない」と思うくらい、

顔を合わせませんでした。

 

でもね、いつも夜中に父が帰ってくると、

私と妹と母の寝る部屋に来て、

全員の頭を撫でて行くんです。

 

父以外は全員寝てしまっているので、

父なりにできる愛情表現だったのでしょう。

 

すごい優しく撫でて行くんですよ。

 

私が大学生になってから父が亡くなるまでは、

今までの時間を取り戻すかの如く、

父とたくさん話しましたし、

遊びにも出かけました。

 

死ぬ前に楽しいこと、すべてではないけど、

できて良かったよ、父さん。

 

そんな今日は「イクメンの日」です。

「イクメンオブザイヤー実行委員会」

制定している日は、子育てでだけではなく、

奥さんも幸せにできている方を毎年、表彰しています。

 

過去に、中山秀征さん、つるの剛士さん、遠藤保仁選手が受賞しています。

 

イクメンの定義は、

「子育てを楽しむだけではなく

ママもきちんと幸せにできているか」

とのことでした。

 

定義がどうであれ、

父とのいい思い出が語れる以上は、

そのお父さんは誰でも

「イクメンオブザイヤー」だと私は思います。

 

f:id:d261104:20210925082908j:plain

 

【ギフトパッド】で贈る「おめでとう」と「ありがとう」
大切な人へ気持ちが伝わるソーシャルギフトはコチラ

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村