google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

適応障害→休職に至るまでの動き

 

私が適応障害と診断されてから、

休職に至るまでの動きを簡単に書こうかと思います。

DMで「どうしたら良いか」等の、

質問を結構頂くようになったので、

長文ですがお付き合いください。

 

もしかしたらフォロワーさんや、

このブログを読んでいる方は、

 

「自分は適応障害orうつ病かもしれない。。。」

 

と、悩んでいる方もいるかもしれません。

 

そういった方の一助になれば幸いです。

 

まず休職に至っては、

お医者様からの診断書を頂く必要があります。

 

お医者様もプロなので心配が無いかと

思いますが、特に精神科の先生は親身になって

話を聞いてくれます。

 

私の場合は、まず精神保健福祉士という方の、

カウンセリング、そして採血をされました。

 

採血は未だに何故かはわかりませんが、

先生は結果を見て、すぐに休職するように、

言われました。

 

何かあるのでしょうね(笑)

 

そして先生からの診断書を受け取ると、

直ぐに会社の総務部に連絡しました。

 

すると私の場合は、

総務部の部長との面談を行うことに

なりました。

 

場所は近くの喫茶店になりました。

 

会社でやると周りの目が気になって、

自分はまだ働けると言いそうになってしまう為です。

 

私が提案しました。

 

そこで話したのが、

現在の病気の進行状況や、

考えうる原因。

 

正直、あの時は意識が朦朧としていた感じが

あったのであまり覚えていませんが、

そういった内容をお話ししました。

 

当時に会社は不動産業界には

珍しいかなりホワイトな会社でしたので、

親身になって話を聞いてくれたのを覚えています。

 

業界が業界でしたから、

やはり、うつ病になる方もかなり多いようです。

 

そこで「傷病手当金」というものを、

貰える旨のお話を頂きました。

 

一定の働く期間もありますが、

私の場合は幸運なことに、

同一の健康保険組合にて3年以上在籍していたため、

基準はクリアしていたようです。

 

基準は各健康保険組合や、

会社によって異なる可能性がありますので、

確認しといてください。

 

必要書類は会社から頂けましたが、

書類は各健康保険組合のWEBサイトから印刷できる

かと思います。(傷病手当金で検索してみてください。)

 

気になる振込額は、

支給額の三分の二になります。

 

少ないでしょうか無いよりマシだと

思ってください。

 

休職期間中にアルバイトなどをしてしまうと、

支給は打ち切りになりますのでご注意を

(例外はあるようです)

 

私の場合は、健康保険料だけはしっかり、

会社が引いてくれていました。

 

休職期間中も会社に在籍していることに

なっているので引いてくれたんだと思います。

 

傷病手当金は、

退職以降も支給されます。

 

書類をお医者様に持っていき、

私の場合は1か月に一度、

先生に書類の中の「医師意見書」というものに

記載していただくので診断書代は取られていません。

 

代わりに意見書発行料が数百円程掛かります。

 

診断書で数千円取られるのに比べたら、

マシです。

 

退職後の支給については、

会社に返還する健康保険証に、

「記号と番号」があるので必ず控えてください。

とても必要なものになります。

 

なおお金の支給に関しては1か月ほど掛りますので、

ご注意ください。

 

役所もそうですが保険組合などの、

事務作業系は承認が下りるまでかなりの時間を要します。

簡単に言うと仕事が遅いです。(腹立つのでキツめに言ってます)

 

以上のことを踏まえて簡単に、

私が行動したことを列挙すると、

 

①医師からの診断書を貰う。

②所属会社の人と面談を行う。

③会社から手当金の書類を貰う。

④医師に書類の意見書を書いてもらう。

⑤支給額は給料の三分の二(手取りの三分の二ではありません)

⑥書類を健康保険組合、若しくは会社に送る。

⑦支給まで一か月くらい待つ。

 

こんな感じです。

 

また注意点も記載します。

これはとても大事です。

 

①休職期間中は何も考えずに休むこと。

会社からの電話は無視。事前に何かあればメールやLINEで

送るように伝えてください。(電話すると疲れますし)

 

②あなたが居なくても会社は回ります。

役に立ってないとかそういう意味ではなく、

貴方に頼りっきりの会社なんて「ゴミ」です。

だから休んでください。

 

③休職期間で3か月を提示されますが、

3か月では治りません。(断言)

私の周りではこの期間で復職した人間は、

十中八九、もっとひどい精神疾患になります。

(統合失調症や双極性障害、強迫性障害など)

だから自分の好きなことを思う存分やってから、

復職してください。

 

特に今大学生の方や、

復職を考えている方は以上の点を注意して、

ご自愛ください。

 

家族や恋人、友人に貴方の代わりはいません。

会社にはあなたの代わりはたくさんいます。

つまり会社は貴方を守ってくれません。

(本当に心の底からいい会社なら別です)

 

貴方を守るのは貴方だけです。

 

質問等がありましたら、

Twitterやコメント欄にお書きください。

当たり前ですが無料で何でもお答えします。

 

あと、たまに言われますが、

私はビジネスの勧誘は一切行ってませんので

ご安心ください。

 

好きな映画は薦めるかもしれません。

話し出すと止まらなくなるものでして。。。

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村