google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

彼女の存在

 

彼女が大体仕事場に行く時間に私は、

起床します。

 

いつもは彼女が起きてから、

30分後に起床しますが、

最近は朝の調子が悪くすっきり起きられないのです。

 

以前は送迎をしていたのですが、

彼女が会社の都合で定期券を買ってからは、

それが無くなってしまいました。

 

そこからは彼女が会社に行ってから、

起きるような生活になっています。

 

起きる理由は、「猫の鳴き声」。

 

彼女が仕事に行くと、

猫たちがにゃーにゃーと大合唱を始めるのです。

 

それはもう大合唱。

 

大声で鳴いています。

そうなると私も寝るどこの話では無くなります。

 

ニャンコたちは彼女がいなくなって

寂しいのでしょう。

ニャンコたちは彼女が一番好きですからね。

 

私が下りてくると、

猫たちは尻尾立てて、喉をゴロゴロ鳴らしながら

私に近づいてきます。

 

こうしてブログを書いている最中も、

膝の上に乗ってきたり、

すりすりとすり寄ってきたり、

 

もう猫たちが考えうる方法で、

全力で甘えてきます。

 

彼らは元々、保護猫。

4兄妹の真ん中です。

 

母猫が恋しいのでしょう。

 

私がトイレなどで席を立つと、

次はドアをカリカリしながら、

ニャーニャー鳴いています。

 

愛されてんな、自分!

 

と感じる瞬間でもあります。

 

そんなニャンコはいま二匹仲良く、

外を眺めています。

 

彼らの知らない広い世界が、

そこにはあるのでしょう。

 

脱走しないように気を配らなくては。。。

f:id:d261104:20210920183709j:plain

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村