google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

お風呂に入っていると。。。

 

湯舟に浸かっていると、

いつも思い出す、思い出があります。

 

昔、よく父に連れられて箱根の温泉に行きました。

場所は「湯の里おかだ」。

 

サウナと露天風呂があって、

中は広い大浴場になっていました。

 

現在もありますよ。

 

露天風呂が特に広くて、

学校から帰ると何歳になっても、

 

突然、「おかだ」に行くぞって

連れ出されたものです。

 

父と一緒にお風呂に入ると、

世間話なんて一切しませんでした。

 

父も何も聞いてこないし、

私も父に何も聞こうとはしませんでした。

 

小さいころからいつも、

父は必ずサウナに入りました。30分位でしょうか。

 

何度も繰り返し、繰り返し入るのです。

 

それを見ると毎回、相当疲れているんだなぁと思ったものです。

小さい頃はお風呂が長いと退屈になったものでしたが、

 

ある程度歳をとってくると、

納得できるようになりました。

 

そしてひとしきり、

サウナに入ると、必ず露天風呂の階段を上がって、

また別の露天風呂に入るのです。

 

そこでやっと親子の会話がありました。

最近の出来事。仕事の状況等、長々とずっと話しておりました。

 

当たり障りの無い小休止。

 

殆ど父が話していました。

将来、社会人になったら気を付けないとならないこと。

今の仕事がいかに辛いか、でもいかに素晴らしいか。

 

今風で言うと「語っていました」

 

お風呂から出ると恒例の、

体重を測って二人で絶句するタイムです。

 

それが終わって待合室に行くと、

必ず、母と妹が待っていました。

 

「長いよ~」と二人口を揃えて言ったものです。

 

でも父はいつも必ず、ハーゲンダッツを買ってくれました。

 

いつもは妹と私だけでしたが、

たまに家族四人で横に並んでみんなで、

ハーゲンダッツを頬張るのです。

 

とても幸せな時間でした。

 

味が違うアイスをみんなで交換して食べ合う。

 

家族でこんなに幸せな時間はないと思います。

アイスを食べ終わると、お会計の時間です。

 

会計場所の前に牛乳が売っていて、

父と母は必ずそこでコーヒー牛乳を買ってくれました。

 

今でも自分で買うことはありますが、

あの時にいつも飲んでいたコーヒー牛乳に勝るものは無いでしょう。

 

たくさんあるうちの家族の思い出の一つです。

 

父の思い出をこうも長く、書くということは、

私はまだ父の死から立ち直れていないのでしょう。

 

正直、自分でもまだ立ち直ってないと思います。

 

彼女がいなければ、もっと酷い状況だったかも。

 

でも思うのは私が将来、家族ができたら、

同じことをしてあげようと思うのです。

 

最高の彼女と最高の家族を作り、

父と母が作った最高の家族を超える家族を

作る。

 

それが今の私の目標です。

 

よろしくな、彼女。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村