google-site-verification: google222195220508d395.html

適応障害からの復活

適応障害になった元不動産営業マンです。

台風の由来とは。。。

 

今日は台風が猛威を振るっていますね。

私の外側の塀が倒れないか心配です。

 

以前、台風18号・19号が来たときは、

強風で木の塀がぶっ倒れて、

近所の方にご迷惑をお掛けしたことがありました。

 

ブロック塀が倒れたら大惨事なので、

倒れないように祈るばかりです。

 

という訳で、今回は台風の由来について、

調べてみました。

 

「風」は分かりますが「台」って何ぞや?って

思いませんか?由来は諸説ありますが、

 

台風が台湾の近辺でできることから、

台湾の「台」、そして大風であることから「風」、

合わせて「台風」と呼ぶようになったそうです。

 

元々、日本では源氏物語にて、

このような大風を「野分き(のわき)」と呼んでいたそうです。

 

また「たいふう」という呼び方に関しては、

中国にて「タイフーン(大風)」という

呼び方であったらしく、

この呼び方はヨーロッパやアラビア諸国に伝わり、

「typhoon」という今のスペルに変容したと考えられています。

 

また明治まで日本は台風のことを「ぐふう」と呼んでいました。

漢字もありますが、めちゃ難しいので省略します。

 

そして明治末期に中央気象台の岡田武松 氏が「タイフウ」と、

気象用語で制定しました。

漢字が難しいので当時の常用漢字であった「台」が当てられ、

上記に述べた「台湾近辺で発生する」という意味も込められたそうです。

 

しょうもない雑学ですが、

まとめると以下のような感じになります。

 

①元々中国に「タイフーン」が語源

②台湾近辺で発生する大風

③台風の誕生

 

という感じです。

ご家族で豆知識代わりにお話ししてみては

如何でしょうか??

 

 

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村